Open House ../RSS2.0

福岡市公衆無線LAN『Fukuoka City Wi-Fi』を使ってみた

福岡市が『Fukuoka City Wi-Fi』という公衆無線LANサービスを2012年4月27日より開始したので使ってみた。

Clip to Evernote Tweet @kaiswebをフォロー

Fukuoka City Wi-Fiの概要

使える場所と時間帯は、
地下鉄空港線 全駅(5時00分〜25時00分)
福岡市観光案内所(天神)(5時00分〜25時00分)
福岡市役所本庁舎1Fロビー(9時00分〜20時00分)
福岡市役所本庁舎西側ふれあい広場(5時00分〜25時00分)

なお、2012年6月末を目途に、福岡市営地下鉄箱崎線・七隈線、福岡市観光案内所(博多)へも順次拡大予定とのこと。
参考:福岡市のお知らせページ:福岡市公衆無線LAN 『Fukuoka City Wi-Fi』スタート

実際に接続してみる

改札近くでWi-Fiを捕まえてみる。(Wi-Fiネットワークの画面)


『Fukuoka_City_Wi-Fi』を選択して一旦Wi-Fiネットワークの画面を閉じてブラウザを立ち上げると登録画面が開く。
『無料インターネットを利用する』をクリック。


名前とメールアドレスを登録する必要性に疑問を持ちつつ『さっそく登録する』をクリック。


利用規約の中におかしなことが書いていないか確認して、名前とメールアドレスを登録する必要性に疑問を持ちつつ『同意する』を選択して『次へ』。



名前とメールアドレスを入力。ちなみに名前は全角文字のみでなければエラーとなり受け付けない。
偽名だろうが嘘アドレスだろうがチェックはないけれど、隠す必要はないと思う。
それ以前に聞く必要もないと思うけれど。
自分の政治信条等に照らして登録するか否か、真実を登録するか否かを判断し入力したら『確認』をクリック。

次の画面でしつこくいいかと聞いてくるので『登録』をクリック。

さらにしつこく注意事項(責任逃れ)を読めといってくるのでうんざりしながら『同意する』をクリック。

ようやく登録が終わりネットに接続された模様。
自動的に『よかなび』のサイトに飛ばされる。


最初の登録が終われば2週間はWi-Fiのネットワークから『Fukuoka_City_Wi-Fi』を選択するだけで利用できる。
ということは、2週間後にはまた名前とメールアドレスを登録することになるのだろうか。
名前とメールアドレスを登録する必要性に疑問を持ちつつ利用しよう。

初版:2012/4/27
最終更新:2012/4/27