Open House

福岡の観光マニュアル

福岡に知人が遊びに来たときにどこに連れて行くか、どの店に連れて行くか、どの店でお土産を買うか、というとき用のメモ。
実際に他県の人に喜ばれたとこ、ものを紹介してまっす。
お土産用意しないまま博多駅まできちゃった、というときにも大丈夫。
現地人にとってはなんでもないことや場所が他県の人には喜ばれたりするのでおもろいね。

よだれ三尺
中央区渡辺通り
博多の料理でもてなすならここ。
ビルの地下なので雰囲気は良くないが、店内はくつろげる。
おきゅうと、あぶってかも、がめ煮など博多料理を中心に刺身などを色んな焼酎で。
焼酎についてオススメの飲み方を教えてくれる、かっちょいいおばさんがいる。
ナンバーワン
長浜屋台街 国道を背にして屋台街を見て左側の一番手前
濃厚スープ。
器を揺らすとそのスープに溶け出しているゼラチン具合が良くわかる。
醤油や油を多めに入れて『濃厚スープ』といっている店が多いがここは違う。
お腹すいてるときは食べたくなるけど、飲んだ後は辛い。
大将はじめ店員はサービスが気持ちよい。

[追記] 上記のスープはたまたまだったようで、その後の訪問時は濃くなかったです。
結構酒を飲んだ後でもスープを飲めるくらいイケました。
元祖長浜屋
24時間営業。
移転時に従業員ともめて分裂したり、その従業員の店もさらに分裂したり、近くに全く関係ない店がオープンしたりと一時期福岡市民がハラハラして見守っていたが、なんとなく落ち着いた。
元々『元祖長浜屋』があった向かいに『元祖ラーメン長浜家(ながはまけ)』ができ、元の『元祖長浜屋』は元の場所から1本裏の道に移動。
そしてややこしいことに『元祖長浜屋』があった場所に上の『元祖ラーメン長浜家』とは名前が同じで経営が別という店がある。
古いガイドブックを持っている観光客がこちらに並んでいることもある。
ただ、どの店も昔の『元祖長浜屋』とスタイルも味も同じようなもの。
店に入った時点ですでに注文が通っているので何も言わず座れば1分もせずにラーメンが出てくる。
テレビでもよく出るし、雨のときも大丈夫だし、観光客には喜ばれるんじゃないですかね。
けっこう時間などによってスープの濃さが違ったりするので『ラーメンのおいしい店』ではなく、『福岡のソウルフード』だという認識で。
とりあえずここで食べて、屋台で飲みなおしもいいかも。
とん吉
長浜屋台街 国道を背にして屋台街を見て一番手前を除く左側の列
気持ち薄めの程よい濃さのスープ。
一番落ち着く味。
屋台街左側は一番手前のナンバーワンを除いて系列なのでどこも味は同じというものの、やはりいつ行っても満員のところと空いているところに分かれる。
柳橋連合市場
博多の年末のローカルニュースでは定番の市場というか商店街。
一般のスーパーなどでは見ることの出来ないもの、新鮮な肉や魚、野菜が威勢のいい掛け声と共に並ぶ。
プロから主婦までというものの、以前は一般人にはちょいと行きづらいような雰囲気があった。
このごろは秋刀魚一匹でもおろしてくれたりするくらい優しい。
魚屋さんがやっている食堂はオススメ。狭くて汚いけど。
この市場で買ったものを調理して食べさせてくれる店があればいいのに。

福岡に来た人に食べさせたら(たぶん)喜ばれるもの

ごぼう天うどん
福岡では定番だけど他では珍しいらしい。でも、讃岐系のうどん好きな人には博多うどんは軟くてコシがなくて、とけなされるだけなので確かめてからにしましょう。
丸天うどん
これも福岡では定番だけど、丸天ってのが珍しいらしい。
焼鳥屋でのバラ
他県の人に『えー、焼き鳥屋なのになんで豚なの?』といわれてはじめて気がついた。
福岡人は当たり前に焼き鳥屋に行ったらバラを頼むけどバラって豚よね。
他県でもないわけではないけど、福岡ほど当たり前のものではないらしい。
酢もつ
それが一体なんなのかは食べたあとに説明したほうがいいかも。
長浜ラーメン
ちゃんと長浜の屋台でね。博多ラーメンとは麺の太さも違うし。
もつ鍋
全国的にブームになったとはいえ、やっぱり。
水炊き
ちゃんと食べようと思ったら高いので、大事な人の接待のときに限られますが。
ゴマ鯖
他県の人は生の鯖は食えないものと思っているらしいので。ま、アレルギーとか出る人もいるのであまり勧めるのもアレですが。
サンマなどの青魚の刺身
都会では高い金出さないといけないらしい。
豚足
こっちで女の子が当たり前のようにかぶりつくのを見て他県の人はオノノイていた。

博多駅で買うお土産

KIOSK
九州の土産物会社数社の商品をセットにした『匠の腕くらべ』シリーズがある。
ちょびっとずついろんなものを買ってみたい、有名なものをとりあえず味見したいという人にはオススメ。
元は菓子だけだったのが、なんだか人気が出たのでシリーズとして焼酎バージョンもできたらしい。
ちょっと調子に乗りすぎだと思う。
ミニョン
博多駅中央街
博多駅全体にバターのたまらない匂いを広げている卑怯なミニクロワッサン量り売りの店。(^^;
グラムで注文じゃなく個数で注文の方がいい。
チョコとかさつまいもとかあるけど、プレーンが一番オススメ。
博多駅に友達を見送りに来たときに、ちょっと渡すのもいいかもね、忘れずに自分のも買ってから。
マイング
ロイヤルのスイートポテト
福岡空港で販売していてスッチーに大人気だったというシロモノ。
ふくやの辛子明太子
すごい数のメーカーとおばちゃんに圧倒されるけど、ふくやが一番素直な味。
本当は5千円を超えたくらいの商品じゃないとタマゴの食感や味がよくないけど、ま、お土産なら。
家庭用なら他のふくやの店舗で切子(きりこ)を買うのが一番いいんだけれども、いつも売っているわけじゃないので電話で問い合わせるべし。
五十二萬石
如水庵の『筑紫もち』
大原老舗の『大原松露饅頭』

石村萬盛堂の『鶴乃子』

博多菓匠 左衛門の『博多ぶらぶら』

松屋菓子舗の『鶏卵素麺』
見た目の美しさと卵の香りが良い。でも、全部食べる前に飽きる。
東雲堂の『二○加煎餅』
出張などであちこちに配らないといけないときは重宝。日持ちするし。
二鶴堂の『博多の女(ひと)』『博多ぽてと』
『博多の女』は小豆羊羹入りバームクーヘンなので子供向き、『博多ぽてと』は女向き、って感じ。
風月銘菓コーナー の『雪うさぎ』
6個入り(うさぎ姿箱入り)が可愛いので、子供や女の子へ。
おにまるぴっくるすの『明太子入高菜パスタ』
料理をあんまりしない人には喜ばれるらしい。
いなり屋本舗の『辛子蓮根』
福岡の、じゃないけど九州の、ってことで。
地酒の博多百年蔵の『博多練酒』
若竹屋酒造場が作っている。限られた店でしか手に入らない。
白濁した甘酒のような酒で室町時代の文献を元に作っている。めでたいお土産に。

初版:2004/9/3
最終更新:2011/12/27