Open House

福岡の店

デパートやホームセンター、おもちゃ屋などの店のリスト。

デパート

岩田屋
商品の品揃えはすばらしい。
が、店員への売上ノルマが厳しいのかやたらと売りつけようとする店員が多くうんざり。
商品知識もあまりなく、客の質問には応えられないくせに、これもどうかあれもどうかと商品を持ってくるパートおばちゃん店員が多い。
欲しいものを見つけても、こういう店員の態度で買うのを諦めることも多い。
福岡天神大丸
福岡では一番いいデパートじゃないかと思う。
堅苦しくないけれども節度のある接客が良い。
紳士靴は特に福岡のどのデパートよりも安心して商品を選べる。
福岡三越
対応は丁寧だが、なぁんかうわべだけの印象がある。
福岡人の持つ東京人に対するイメージそのまま。

ファッションビル

IMS(イムズ)
都心で真ん中吹き抜けという商業ビル。
完成してしばらくはいろんな業界の人が見に来ていた。
雑貨から服から車から献血ルームとバラエティにとんだ店舗が入っている。
他県の人に文字で伝えるときはカタカナで。
集合場所はIMSね、とアルファベットで伝えたら『アイエヌエスビルってどこですか』とあちこちで地元民に聞き回った人がいる。
エムとエヌ間違えてるし。
ソラリアステージ
福岡市民にとってINCUBEは東急ハンズやロフトの代わり。
地下のひょうたんの回転寿司はいつも人が並んでいる。
ソラリアプラザ
警固公園側の入り口は待ち合わせの定番の場所。
なぜかKaiの場合は買い物をする場所というイメージが薄い。
天神コア
Kaiの若かりし頃は20代ターゲットだったような気がしていたが、最近はギャルがうじゃうじゃしている。
ビブレ
Kaiが大学生の頃はオシャレなイメージだったのに最近はなんか古いというイメージになってしまったのは、単に建物が古くなったからなんだろうか。

複合施設

キャナルシティ
福岡以外の九州各県の若者がいっぱい。疲れる。
まぁ、他県の人に観光案内するときに1回は連れて行ってもいいかも。
ベイサイドプレイス
わざわざ張り切って行くようなとこじゃない。別に何があるっていうわけじゃないので。
巨大水槽はなかなか見ごたえあるけど、『おおー』で終わる。
なんかのついでに。
マリノアシティ
キャナルシティ、リバーウォーク北九州などと同じFJ都市開発の運営。
アウトレットショップがあるし、観覧車があるし、海が見渡せるのでデートにはいいかも。

家電量販店

ベスト電器
今まで福岡では寡占状態だったのに、ここ10数年で一気に全国チェーンの店が集結して来たため慌てている様子が見て取れる。
店員に知識がなく、イライラさせられることが多い。
ヨドバシカメラ
店員に商品知識を徹底して教育しているというのが良くわかる。
説明の途中で客を置いたまま一人の世界に入ってしまう店員も多いけど。
電化製品は実質販売価格がどの店でも横並びなので、商品知識、ポイント還元率で考えてここで買うことが一番多い。
ビックカメラ
以前は利用していたけれども、ヨドバシカメラが出来てからはあまり利用しなくなった。
ちょっと狭くて落ち着いて商品が見られないのと、客に対する店員の数が少ないため、ゆっくり説明してもらいにくいのが利用しなくなった理由かなぁ。

子供用おもちゃ

つみきや
福岡市南区西長住2-29-20
ヨーロッパの木製玩具を中心に置いている。
ペロル
福岡市早良区南圧6-21-25
ドイツのシュトックマー社の蜜蝋(みつろう)クレヨンを置いている。
Doc Spiel ドク スピール
福岡市南区向野2-18-1
ドイツのシュトックマー社の蜜蝋(みつろう)クレヨンを置いている。
ちょっと教えたがりの接客で鬱陶しい。
アンクルボックス
福岡市早良区城西3-1-2 八和ビル1Fハミングバードブッククラブ内
手作り木製玩具の店
おれんじ村
福岡市博多区千代4-7-29
手作りのおもちゃの店
ル・パルク
福岡市早良区高取1-2-15
子供の知覚の刺激を提唱するラリー博士が創業したタグトイズ社の製品を扱っている。
トイザらス
九州の店舗一覧
ベビーザらス
福岡市西区小戸2-12-30 マリノアシティ福岡内
Bornelund (ボーネルンド)
福岡市中央区白金1-2-21
岩田屋、大丸にも入っている。

ホームセンター

ロイヤル
店舗一覧
コーナン
福岡県内の店舗一覧
すごく広い店舗。
グッデイ
城南区長尾、西区拾六町、西区姪の浜 他
嘉穂無線がやってたんですね。
ナフコ
福岡県内の店舗一覧

アウトドア

ラリーグラス
登山グッズ・スキーグッズ・アウトドアグッズ専門店。
パタゴニアの正規販売店。
石井スポーツ
防災グッズとして、ここでエマジェンシーブランケットを購入。
インキューブ
ビクトリノックスが充実。
エーグル
キャナルシティ、イムズ、トリアス久山に店舗がある。

書店

丸善
今の福岡で一番落ち着いて本を選ぶ気になる書店。
3Fの文具コーナーにはRHODIA(ロディア)のメモ帳が各サイズ揃っている。
紀伊国屋書店
10年位前はよく行っていたが、なんとなく書棚の配置や平積みしてある本のセンスが合わなくなってあまり行かなくなった。
大川隆法の書物の宣伝が鬱陶しく感じるのも行かなくなった原因のひとつ。
ジュンク堂書店
さすがに書籍の量が多い。
検索も1FのPCでできるし図書館のよう。
けれども、店の本に対する姿勢とか趣向などが感じられないので好きな本屋にはならない。
ここで探して立ち読みで内容を確認して丸善やAMAZONで買ったりする。

初版:2004/12/3
最終更新:2009/2/13