Open House

Open House ログ


| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

レーシック3ヶ月検診
2010/9/13 (月)
イントラレーシック手術から3ヶ月。
術後、両目で遠くの文字を見ていて右目を隠すと見え方が極端によくなかった。
左目があまり見えてないような気がすると思っていたけれど、日によっては右目の方が見えにくいこともあった。

それが1、2週間前位から、少し改善して、両目で見ているときと右目のみ、左目のみのときとあまり大きくは違わなくなってきた。
また、テレビも前は1時間も見ていると涙がポロポロ出てきていたけれどこのところ眼鏡なしでも疲れない。
パソコンや長時間のデスクワークはまだきついけれど。

3ヶ月検診。
これが最後の検診になる。

いつもどおり3種類の機械の検査と視力検査。
両目では1.2だけれど、片目で見ると、どちらもダブって見えるような、にじんで見えるような感じで0.8程度。
最後なのに乱視の検査なんかはしないのね。

問診。
機械の測定値ではプラマイゼロらしい。
けれど、ドクターの様子では、思ったより視力が出てないなぁと思ってるような感じ。
6ヶ月までの間にもう少し見え方の質がよくなるんじゃないかとのこと。
測定値や術前術後の状況はカルテに書くだけで、何か纏めたものをくれたりはしないんだね。
自分で色々聞かないと教えてくれない。

元々裸眼では何も見えない状態で、煩わしいコンタクト生活でも1.0前後しか見えてなかったんだからこの状態でも万々歳なんだけれど、どれくらい見えるようになるのか、どの状態で落ち着くのかがわからないので、いつのタイミングで喜怒哀楽を表現すればいいのかが分からず気持ちが悪い状態だったけれど、ようやく気持ちも落ち着いてきた。

レーシック手術はまだ、過矯正や実質的な手術の失敗による後遺症があるので積極的に自信を持ってはなかなか言えないけれど、強度近視で毎日煩わしい思いをしている人にはレーシックを検討して欲しい。
手術数や金額ではなく、実質的なことをよく考えて病院をキチンと選ぶことがとても大切だと思う。
不信
2010/9/15 (水)
民主党の代表選をどれくらいの人が本気で見ていたんだろうか。
一般の国民による投票ではないのに街頭演説をし、日本の政治が左右されるかのようなマスコミの騒ぎよう。

よく考えて欲しい。
ちょっと前までは、民主党と自民党の支持率推移だとかミニ政党がどちらにつくかという話題だった。
国民の頭の中の選択肢は、民主か自民かだったはずだ。
それを民主党の中で誰を選ぶか、ということでマスコミが一斉に朝から晩まで管か小沢かという民主党の中での選択という話題でもちきりになり、国民の頭から他の政党のことを忘れさせようとしている。
そもそも小沢氏は総理大臣になる気はなく、代表選に自分が出ることでマスコミの話題を民主党に絞らせ、国民の頭に総理大臣は民主党の中から選ぶということを植えつけようとした戦略だ。
また、小沢氏自身も代表選に出ることで、いくら調べても自分に不正がなかったことをアピールし、民主党内での自分の力を国民に見せ付ける機会となる。

一般国民はさておき、マスコミはこれくらいのことは百も承知のはずなのに、そんなことはおくびにも出さず、どちらが勝つかというような国民の興味をあおるような番組作りをする。
本来、政治の監視役のはずのマスコミが政治家の思惑通りに動くのは、それによって視聴率、購買力が稼げるからだ。
騙されているふり、気づいてないふりをして自らも利益を得ようとしている。
戦時中には軍事力で情報統制をしていたものが単にカネに代わっただけで、政治家の思惑通りにマスコミが動かされていることになんら変わりがない。
マスメディアは所詮、利益追求を目的とする企業であるので政治に対しても経済に対しても監視役にはなれないということを証明したようなものだ。

なのに、知らん顔をして論評なんかしている。
ああ、気持ち悪い。
情けない
2010/9/24 (金)
どちらの領土かというのは別の話。
日本の船に体当たりをして攻撃してきたから逮捕拘留されているのに、領土問題で逮捕されたかのようなすり替えをして国民を扇動している中国。

毒ギョウザのときも、証拠がないと思ってえらく威勢が良かったよなぁ。
あれって、中国は日本に謝ったっけ?
文句を言うときは国を挙げていうくせに、責任はこっそり個人にとらせるのか。
国が先頭に立って嘘をつく卑怯な国だな。
そういうことだから慰安婦にしても「どうせ嘘だろ」と日本人から思われるんだ。

日本は中国などアジアとの日清戦争後の歴史を詳しく教えない。
中国は、日本を悪として偏った情報を教え込む。

正しい歴史なんてものは存在しない。
立場によって捉え方が異なるから。
将来を見据えた友好を考えると、淡々と双方異論のないところだけを教えればいい。
それ以上知りたければ自分で調べることができる環境と情報はもちろん整える。
相手を悪としか教えないのは新たに争いを生み出すだけで、友好は成り立たない。

中国の日本に対する態度は、日本は悪い奴だからこれくらいのことをしてもいいんだ、という程度の低い個人レベルの考えがモロにでていて、それが国家としての行動と一致している。
中国は戦争自体が悪いことだとはこれっぽっちも思ってなくて、もう一度戦争をして日本を打ち負かそうとしているとしか思えない。
そうなると恐らく、やられた(と洗脳された)以上の虐殺を正義づらしてやるだろう。

でも、日本が及び腰だからなめられているんだよなぁ。
処分保留で釈放ってどういうことだよ。
中国はこれを尖閣諸島は中国固有の領土だと日本が認めた、中国が経済的にも軍事的にも日本に勝る証拠だと大騒ぎするだろう。
日本はなんでこんなに馬鹿なんだろう。情けなさ過ぎる。
思いやりとか気遣いが、国際社会ではマイナスにしか作用しないことがまだ理解できないんだろうか。
主張をせず、調整ばかり考えてる。

壊された海上保安庁の巡視船の補修費用はきっちりと回収しないと許さん。
ついでだから、中国にはびこっているパクリ商品に対して損害賠償も請求しとこう。
中国が今まで国際社会から経済的恩恵だけを受けて責任を果たさなくても大して文句を言われなかったのは、単に後進国とみられていたから。
そろそろ、カネに応じた常識を国家も個人も身に付けてもらいたい。
家庭菜園
2010/9/30 (木)
2週間前に大根とカブの種を蒔いた。
3日ほどで芽が出たものの、それから数日経つとほとんど消えていたので、もう一度種を蒔いた。
それから1週間経っても芽が出ない。
いや、カブの方は芽が出たと思ったらすぐに消えてしまったような気もする。
どうなっているんだろう。
おかしいなぁ、特別なことは何もしてないんだけど。
種を蒔く3週間くらい前に緑のリサイクルセンターでもらって、3ヶ月ほど土嚢袋に入れていたバークチップと生ごみコンポストで作って半年熟成させていた生ごみ堆肥を混ぜ込んだんだけど、どちらかが良くなかったのかな。

庭のアブチロンは最近花が少なくなったなぁと思っていると急に葉が枯れ始め、すっかり枯れ木に。
春に挿し芽をして、めずらしくうまくいき2鉢作っていたので、なんとか復活できそうだけれど枯れた原因が分からないと地植えできない。
こっちは、油粕をやったくらいで、バークチップも生ごみ堆肥もやってないしなぁ。

PHはホームセンターで試薬を買って調べることができるけど、栄養素のバランスとか、土中のウイルスの有無なんかがわかるようなものがないのかな。