Open House

Open House ログ


| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

楽しい話ができない
2010/11/11 (木)
衝突ビデオを一般に公開したほうがいいかどうかと、1人の公務員が機密扱いという命令に背いて職務上知り得た情報を自分の判断で公開していいかというのをごっちゃにして評価してはいけない。

国家間の関係、国際的な評価を考えて対応しなければならないことを、個人がやっていいなんてことになったらめちゃくちゃだ。
面子を重んじる中国が今回の流出に憤慨してミサイルを打ち込んできたときに、一人の海保官がそのミサイルを打ち落としてくれるのか。
ミサイルという直接的な攻撃でなくとも、水面下での交渉によって中国側が軟化しかけていたのにまた硬化して日本経済が打撃を受ける可能性も充分に考えられる。
他国からも、機密事項が簡単に流出する国として足元を見られ、領土問題、経済問題で不利な交渉をすることになることもあるだろう。

そのような可能性を踏まえても、今回流出させたことを立派だとかいえるのか。
芸能人の誰と誰が付き合っているかということで金を得るために、知る権利なんてたいそうな大刀を持ち出すマスコミにとっては英雄扱いせざるを得ないだろうけれども、国会議員まで英雄扱いする輩がいるとは。

国民に公開しなければ国民の生命が危険なことであれば、国家の命令に背いて抵抗することは一人の人間として評価されるけれども、今回の場合そのような大事ではない。
政府の対応に不満がある、中国の対応にも腹が立つ、みんなが見たいと思っている、だから流出させた、という行動からは正義よりも幼稚しか感じられない。
いつどのような形で公開するかが重要であって、ただ公開すればいいのではない。
喧嘩をしようと思っているだけならばただ公開すればいいけれども、一人の公務員に勝手に宣戦布告されては困る。

だが、なによりもこのようなことになる前に政府が迅速に対応を決め、国民に方針を説明し、国際社会にも日本の考えをはっきりと主張すべきであった。
毎度のことながら、『慎重に検討』しかできない政府にはうんざりだ。
言葉の揚げ足取りをして『ペンで戦っている』と勘違いしているマスコミとそれに流されている国民を気にしすぎているのか、それともそもそも『決定する』能力がないのか。

必要なときに『決定』をして実行することができない国会議員を選んだのは国民。
選ぶべき候補者がいないというのも、国民全体の責任だ。
今の世の中を今変えることは不可能だ。
国に頼らず、自らが自分の子供、周りにいる子供に何が大切なのかを教えて、次世代に期待するしかない。
集会
2010/11/12 (金)
昼時、最近ランチを始めた店の前を通ると、ママさんたちから襲撃を受けていた。
ふくよかチップ
2010/11/17 (水)
福岡市が剪定樹木などをチップにして発酵させ土壌改良材を作っている。
これを『ふくよかチップ』と名付けて緑のリサイクルセンターで無料配布している。
けれども、この情報、知っている人間が探してもなかなか見つからない。

以前から福岡市のサイトの見難さについては市にフォームで要望していたりもしているんだけれどなかなか改善されない。
おそらく、自分でWebサイトを作ったりしたこともない人が担当者になって技術のみを持った業者が作っているんだろう。
どうにかしてくれるなら評価してやってもいいぞ>高島

目当てのページは
福岡市のトップページ>生活情報>環境・ごみ・リサイクル>ごみ処理・リサイクル>ふくよかチップの提供について
にある。
これをトップから辿っていくと、『こりゃ探せんわな』と解ってもらえると思う。

とまあ、福岡市の情報提供がお粗末なのは置いといて、このふくよかチップ、庭で家庭菜園をやっている人にはすごく活用できるものだと思う。

Kaiはこれを土嚢袋に20袋くらい貰ってきて、随時生ごみコンポストの資材にしている。
一度に全部は使わないので貰ってきたふくよかチップをそのまま土嚢袋に入れて置いておいたら、乾燥してカチカチになってしまったので、今度からはブルーシートをかけて追熟する環境にしておこうと思っている。
そうすれば、生ごみコンポストに入れたものは堆肥として使え、生ごみコンポストに使わなかった分は腐葉土代わりに赤玉土に混ぜてそのまま使えそうだ。

月曜日から土曜日の9時30分から15時の間に福岡市東区蒲田5-14-2の緑のリサイクルセンターで配布している。
生チップが欲しいという特殊な人を除けば、予約とか必要なくこの時間内に行き、建物で名前と住所、用途を書くだけで、軽トラ1台分以内なら自分の好きなだけ貰える。

一応、スコップは置いてあるけれども、建前としては自分でもってこいということになっているので、車の荷台に汚れ防止としてブルーシートを敷いて、スコップ、入れる袋(土嚢袋がお勧め)、長靴を持って行くといい。

参考:福岡市のサイトの『ふくよかチップの提供について』のページ
http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/kojoseibi/life/002.html
落葉で腐葉土を作る
2010/11/24 (水)
落葉を使って腐葉土を作ろうと近くの公園へ。

この公園では月に1度ほど子ども会だか自治会だかが掃除をして落葉もゴミとして捨てている。
本来は、虫たちの餌になり、微生物の餌になり、土に還って植物の栄養となり、鳥たちの餌になり、と循環するものを、わざわざ金をかけ運搬し、CO2を出してゴミとして処分するのはもったいない。

とはいえ、今回は単に自分が腐葉土を作ってみたいので落ち葉拾いをしているだけだ。
偉そうなことを言える筋合いではない。
なので散歩をしているおばちゃんなんかから『ご苦労様』とか声をかけられないかドキドキしていた。

土嚢袋にぎゅうぎゅう詰める。
ゴミも結構落ちているのでついでにビニール袋にゴミを入れる。
ここは褒めてもらってもいいところだが、散歩中のおばさんはいなかった。

家に持って帰り、水をたっぷりかける。
ネットで調べると、油粕、鶏糞、ぬか、石灰などを混ぜろと書いてある。
発酵を促進させるためと書いてあるもの、栄養たっぷりの堆肥にするためと書いてあるもの、どこかのページにそう書いてあったから理由なくそうしているもの、があった。
圧倒的に最後の理由が多い。
大丈夫か、そんなんで。

完成は早いほうがいいけれども、作りたいのは腐葉土(土壌改良材)であって堆肥(栄養材)ではないので、落ち葉表面のワックス質を取って腐食を早める効果があるという苦土石灰を3握りくらいまぶしてから水をさらにかけた。
3握りという量に関しては、単に気分的にそうしただけで何も根拠はない。
ついでに言えば、もっともらしく苦土石灰を選択したような書き方をしたけれど、実は以前でかい袋で苦土石灰を買ってしまい使い道に困っていたから使ったというのが大きい。
世の中というのはこういうものだ。

ぎゅうぎゅうに詰めて嫌気性生物による発酵をさせ、周りの空気に触れているところは好気性生物による分解をさせる。
これをだいたい1ヶ月ごとにかき混ぜて全体を満遍なく発酵、分解させる。
今は家にあった大きめのビニール袋をいい加減に上にかけている状態で土嚢袋を完全に覆いきれていないため熱が逃げてしまっているので、近いうちにブルーシートを買って全体を覆うようにしよう。