Open House

Open House ログ


| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

プライバシー様がお通りになる
2012/4/27 (金)
京都の無免許無謀運転による事故。
加害者の父親に被害者の連絡先が漏れて警察と小学校の教頭が謝罪した。
マスコミの論調では、加害者側に個人情報を渡すなんて考えられないことをしたということになっているんだけれど、なんだかしっくり胸に収まらない。

自分の子どもが事件事故を起こし加害者になったら、親としては被害者にお詫びをしようと思うのは責められることではない。
まずはなんとかお詫びの気持ちを伝えようと警察はじめ関係者に聞いて実行するというのは親としてよくやっていると思う。
罵倒されるのを覚悟の上で、すぐに直接お詫びをするということはなかなかできないことだ。

そしてそれに応えて連絡先を教えるのが何故こんなに一方的に糾弾され、警察署長を土下座させ罵倒される姿をマスコミに公開しなければならないのだろう。

いつから電話番号や住所は隠すべきものになったのだろう。
学校のクラスメイトの名簿さえ作らない社会って異常だと思うけれど、それが標準になってしまっている。
クラス役員なんかは個人的に参観日などのときに全員の連絡先を直接聞かなければならないとか馬鹿みたい。

話がそれた。

今回のような場合、どうすればよかったかについてネット上で見てみると、警察を通じて自宅以外の場所で面会するということだった。
家族を奪われ、精神的にも混乱している上に、葬儀など事務的なこともやらなくてはいけないようなときに日程の調整をして時間を作って出向くということをしなくてはいけないのは、相当な心労、苦労だと思うけれど、そちらの方がいいらしい。

やっぱりしっくり来ない。
悪いと思ったら手土産持って詫びに来い、とKaiは思うけど。