Open House

Open House ログ


| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

更新情報
2012/7/4 (水)
見ぬ振り、放置はよくないけれど
2012/7/20 (金)
いじめってのは、社会生活をしていく過程で当然にして出現するもの。
成長の一過程だから失くすことを目的にしてはいけない。
どう対処するか、どうするべきかを考えさせる機会が成長過程で必要だ。

学校は、家庭では教えることができない集団生活上の問題を解決する方法を学ぶところ。
それゆえ、いじめを察知し、いい頃合でよい方向に導ける教員が必須。

ただし、肉体的に攻撃をするとか金を奪うとかはいじめではなく単に犯罪なのでこれとは別。
物事の善悪は親が教え込む。
親ができないようならば、学校その他に通報義務を課し、強制力を持った機関が親に代わって子どもを教育するようにしなければいけない。

いじめに限らず、失くす、見せなくする、なかったことにするというのは解決方法としては最悪。
三井住友カードはこんなに質が悪かったか
2012/7/24 (火)
三井住友カードから留守電が入っていた。
これを聞いたら折り返し電話しろとのこと。

なんだか失礼な電話だなと思ってちょっと考えてみると、今月の引き落としが引落口座の残高に結構ギリギリだったような気がする。
ネットで三井住友のカード利用明細と銀行引落明細を見ると、残額が3千円ほど足りなくて引落されていなかった。
このクレジットカードと銀行口座は自分の小遣い用なので必要な額しか入金しない上、新生銀行の口座なのでセキュリティカードを持ってないと残高さえ確認できないので見落としていた。

で、三井住友カードに電話。
3コールくらいで『はい?』という男の声。
あれ?間違えた?と思い、『あれ?あの三井・・・』というと、『はい、三井住友カードです』と返す。
なんか、こういう大きい企業でそんな応対ってある?
その後も名前をフルネームでお願いします、はいそれでは早速、あ、それから生年月日をお願いします、のようなはじめての仕事をしているバイトのような応対。

基本的には、金を払えない貧乏人に対する高利貸しのような物言い。いちお、敬語だったけど。
たかだか数万円の引落が1回できなかっただけでそんなに偉そうな態度になるかね。

振込み用の口座番号を言ってきたのでこちらが復唱すると、向こうも復唱してくるだけなので合ってるんだかどうなんだか。
基本的な事務的やり取りができないのに、入金するまで換金性の高いものは買えないようにしてるからな、のようなことだけはしつこく言う。

不愉快だ。
サラリーマンの昼はMax800円で
2012/7/26 (木)
昼飯、何にしようかと考えながらネットでちょっと近所を検索。
すると、大衆的な蕎麦屋のカツ丼が美味いらしい。

あー、そういえばカツ丼って最近食べてないなぁ、蕎麦もいいけどカツ丼だなぁ、ここなら気が変わってもどっちにもいけるし、ここだ、と思い暑い中一駅分歩いてその店へ。

その頃にはもう蕎麦ではなく完全にカツ丼モード。
店に入るとテーブル6席のうち1席があいている。もう完璧。
注文は決まっているけれど一応、メニューを見る。
カツ丼900円。
えーーー。ちょっと高いやん、大衆的な店なのにちょっと高いやん。
でももう蕎麦には戻れない。
はぁ。

いや、確かに安い店のカツ丼のように脂身だらけのカツではなくいい肉を使ってるような感じだし、出汁も利いてて美味いし、量も少食のKaiにぴったりの量だったけど、覚悟なしに900円は辛かったな。