Open House

Open House ログ


| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

ハローワーク福岡中央にキレた
2013/4/16 (火)
ハローワーク福岡中央へ雇用保険の資格取得手続きに行った。
今回トライアル制度での雇用で、その手続きについての書類が今日届いていたので見ていると、トライアル期間中は有期契約だと書いてある。

そこで資格取得の書類に有期契約として期間を書かなければならないのかを窓口で聞くと、30代の女の職員が『会社の方で有期契約にしているなら有期です』というなんだかちょっとピントのずれた返事。

『いや、そうではなく、トライアル助成金の制度として有期になるのでは』と聞くと『こちらは得喪係なので助成金のことについては・・・』という。
すると後ろから男の職員が覗いてきて『会社の方で有期で契約を結んでいれば有期です』と同じことを言う。
なんどか同じやり取りをしているうちに『それでは有期で書いてもらわないと』となんだかおかしな言い方をしてくる。

窓口の女は書類を机に置いたまま知らん顔をしているので自分の筆記用具を出して書類を書く。
書き終わると女は無言無表情で書類を取り上げてコンピ入力を始めるので、『助成金は部署が違うといっても、これはおたくの部署の書類の書き方でしょ。助成金の部署に聞いても、今度はこの書類は自分の部署のものじゃないと言うんじゃないですか。いったいどこに聞けばよかったんですか』というと、PCを見たままことさら大きくキーボードを叩きながら『そうですね、失礼しました』と棒読みでいう。

その後、その女の職員は打出した書類を机の上に置き黙っている。
終わり?手続き終わったの?
4月は手続きをする人で混み合っている時期だし、馬鹿に直接言っても仕方ないのでこちらも無言で書類を鞄にしまって退出。

そして玄関口で代表電話に電話。
『そちらで今、資格取得の手続きをしたんですがトライアル制度での雇用の場合は有期契約になるのかどうか窓口で聞いたら部署が違うといわれたんですが、どこに聞けばよかったんでしょう』というと、『有期です』と答える。
この人も質問と答えがずれている人だ。
『窓口で部署が違うからと言われ、会社の契約が有期なら有期というよく解らない説明だったんです。いったいどこの窓口だったらちゃんと解るように答えてくれるんですか』というと、さらに『トライアル助成金ですか?有期です』という。
『いや、だから、それを、窓口で、ちゃんと教えてくれなかった、という話を、してるんです』と念を押しながら言うと、めんどくさそうに『あーそうですかー、それはすみませんでしたー』という。
『そのあとの態度も横着な態度だったんですが』というと、机に肘をついて鼻ほじってる姿が目に浮かぶような言い方で『あー、それはすみませんでしたー』という。
もうこいつも駄目だ。諦めて電話を切った。

単純に、部署が違うことを理由に勉強してなくて知らなかったってことじゃないの。
なんで逆切れしてんの、ハローワーク福岡中央。
なんで対応を改善しようとしないの、ハローワーク福岡中央。
そして、待合席の前のテレビが小さすぎるぞ、ハローワーク福岡中央。