Open House ログ

トップへ戻る→Open House
| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

ネタに詰まったOLのような話題
2006/7/4 (火)
外でランチを食べるときや弁当に入っているサラダって、いる?
元々、質のいい野菜じゃない上に切ってから時間が経って栄養もない、うまいわけでもない、ドレッシングが大量にかかっている分身体に悪い。

残す客も多いだろうし店にとっても原価も手間もかかる。
誰も喜ばないし得もしないんだから付けなきゃいいのに。
自家製ベーコン2
2006/7/6 (木)
2度ベーコンを作ったが、バラ肉はどうしても脂身が多くて食べるときに躊躇する。
あの脂身がうまいんだけど、やっぱりね。

で、今回は肩ロースでやってみた。ショルダーベーコンというやつ。
今回もなるべく感覚に頼らずパターン化できるように数字を重視。


  1. 肉屋で1キログラム程度の肩ロースを買う(土曜夕方)

  2. 肉を3つに切り分ける

  3. 水で洗いざるにあげておく

  4. 肉の重さと同量のミネラルウォーターと天然塩を使って15%の食塩水を作る

  5. 食塩水にローズマリーの枝2本、ローリエ1枚、しょうゆ15cc、クローブ小さじ1を入れる

  6. 上の食塩水を10分鍋で煮る

  7. ローズマリー、ローリエを取り出す

  8. 火を止め常温程度になるまで放置

  9. スコッチを15cc入れる

  10. 上記の液と肉を一緒にジップロックに入れて冷蔵庫に入れる(土曜夜)

  11. 1日2回ほどひっくり返す

  12. 肉が全てつかる大きさのボールに肉を入れ水を張る(土曜朝)

  13. 30分に1度水を替えながら3時間(土曜昼)

  14. キッチンペーパーで水気をふき取り網などに入れて1時間ほど陰干し(土曜昼過ぎ)

  15. スモークウッドで50〜60度の温度管理をしながら2時間スモーク(土曜夕方)

  16. 網などに入れて1日陰干し(土曜夜)

  17. できあがり



前回の経験から10%の食塩水がいいかもと思ってたけれど、前々回のレシピしか手許になかったので15%にしてしまった。
あと、時間の関係で塩抜きや陰干しの時間がこれまでと大幅に違う。
せっかく記録してるのに意味なし。

いちおう、塩抜きはちょっと切り取って焼いて食べてみて確かめたら3時間でよかった。
前回は塩と一緒に肉の味も抜けてしまったようだったが今回は肉の味も液の香りも残っている。
でも、前回は塩気が抜けなかったのに今回はどうしてだろう。
脂身が少ないからか?

せっかく液に漬けても塩抜きするときに旨みや香りも抜けそうなので次回は5%の食塩水にハーブ類で香りをつけて塩抜きをせずに作ってみよう。

肩ロースで作ったベーコン、味もいいし脂身の心配なく安心して食べられて良い。
もちろん、肉はスーパーでなく肉屋で買う。
次回から肩ロースで作ろう。
更新情報
2006/7/11 (火)
中洲のコットンフィールズ
2006/7/13 (木)
世界のビールが充実していてタコスが美味いという評判を聞いたので行ってみた。
入り口は狭いけれども中はなかなか広い。
店員は一般の飲食店に比べると年齢層が高い。
なんかロカビリー好きでしたみたいなおじさんがいる。
客がなかなか入っている。
雰囲気を出すため照明を落としているけど、鳥目のKaiとしては店内が暗いだけでテンションが下がってしまう。

メニューにはずらりと世界のビールがびっしりと載っている。
ビールに詳しいわけでも思い入れがあるわけでもないので全然、選ぶ気がしない。

ビールにタコスその他がついているらしいのでメキシカンセット1,200円を注文。
メニューにはメキシコビールどれでも同じ値段と書いてあるが、注文を聞くと店員がビールは何にするのかを聞いてくる。
わからないので『どっしりしたのを見繕って』と注文。

出てきたのはベルギーのDuuel(デュエル)。
そっと注いでも細かい泡が大量に出てくる。
味は確かにどっしりといえばどっしりだけどアルコールの強さのどっしりで深みというのとはちょっとずれてるような。

さて、メキシカンセット。
シェルはスナック菓子のような固い奴ではなく手作りかな。
ちょっと甘め。
タコスはミンチが大量に入っていて言い訳程度にキャベツ。
ハンバーガー食べなれてる人にはいいだろうけどちょっときついなぁ。
タコスはミンチとキャベツ、トマトのバランスが大事だと思うんだけど。
短いソーセージ2本はちょっと燻製されてるのかな。
それとタンドリーチキン風のスパイシーな香りがついた鶏のから揚げ。
大きめにカットされたグレープフルーツやキウイの入ったサラダ。
これらが一つのプレートに入っている。
かなりのボリュームで腹いっぱい。

店だと1,200円、テイクアウトだと1,000円と書いてあったのでお土産に自家製スペアリブを頼む。

会計をすると2,600円。
小学校時代に公文式で鍛えた頭で暗算をすると1,200+1,000=2,200 のはずなんだけど。
んー。

メキシカンセットは通常メキシコビールだけど他のビールだと差額が出るとか?
でもなぁ、こっちがメキシカンビール以外を指定したわけじゃないんだけどなぁ。
それにしてもその差額だけで400円にもなるかな。
チャージ200円くらい取ってる?
飲み屋で金のことをうだうだ言いたくないので何もいわず払う。
でもなんかおかしいね。
まっとうな料金を請求しててもそれが客に伝わらなかったら意味ないね。

金のことは置いといて全般的にはビール飲んでカロリーを気にせず食べることができる人にはいいかもね。
3、4人で行くのがいいかな。
焼肉にはシソ
2006/7/18 (火)
ベランダで紫蘇(しそ)を育てている。
1株あればなかなか便利に活躍してくれる。

育て方のコツは葉っぱだけを採るのではなくて枝分かれしている部分のちょっと上から切ること。
そうすれば、枝分かれしている部分から脇芽が育って大きくどっしりしてくる。
また、花が咲いてしまうと栄養を花にとられてしまうので注意して随時摘心する。
時期が終わりになってきたら紫蘇の穂に育てて天ぷらにすればいい。

で、その紫蘇が大きくなってきたので摘心を兼ねて収穫。
たまたまその日の夕食が焼肉だったので何の気なしに肉を紫蘇で巻いて食べてみたら美味かった。
一度食べると紫蘇なしでは食べられなくなってしまう。

これからの我が家での定番の食べ方になるだろう。


Open House