Open House ログ

トップへ戻る→Open House
| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

ふきや
2006/9/1 (金)
久しぶりにふきやに行った。
博多駅の交通センタービル8Fのお好み焼き屋。
以前は天神ショッパーズに入っていて高校生を中心に賑わっていた。
牧のうどんと並ぶ福岡の高校生御用達の店だった。

博多駅に移ってからは客層が高校生から20〜30代(家族連れ含む)になった。
これは、高校生が博多駅でうろうろすることがないということも当然あるけれど、それだけじゃないような気がする。
現在の客は年代的にも天神に店があった当時に通っていた高校生と一致する。
彼らは今、仕事で博多駅周辺に来ることも多いだろうし家族で博多駅に来ることもあるだろう。
そんな彼らが懐かしがってやってきているのではないだろうか。

このお好み焼き、広島風とか関西風とかいうカテゴリーには属さず、あくまでもふきや風。
ねっとり生地にたっぷりソース、自家製ぷるぷるマヨネーズ。
ボリュームたっぷりなのに若い男など一般によく食べると判断された場合は勝手に大盛になって出てくる。もちろん追加料金なんか取らない。
エビとかの単品だと450円、これに玉子を追加すると500円。
貧乏な人向けには320円で野菜焼きがある。
ブルジョア気分を味わいたいならデラックスというのがあるけれど、それでも1000円。

昼時は行列ができたりするので、13:30以降がおすすめ。
生ビール450円を頼んで焼きあがるのを待ち、食べながらもう1杯。

こういう安くて回転の早い店というのは大抵、従業員もいいかげんになっていて客は注文をするために店員とアイコンタクトを取ろうとしてもなかなか取れずに途方にくれることが多いが、ここは教育が良くできていて従業員が常に周りに気を配っている。
そして子連れ客が来るとその旨従業員同士でアナウンスし対応をする。
こういうのがいい店だと思う。

ねっとりと口に張り付きそうな生地だった天神当時に比べると少しキャベツが多くなって少し上品になったような気もするが、博多駅に移ってもこの値段で当たり前にやっているところはうれしい。
商業地のビルの中という場所が少し店の雰囲気と合わないような気もするけれどこの心意気で末永く頑張って欲しい。
JCB The CLASS
2006/9/4 (月)
JCBからThe CLASSのインビテーションがまた来た。
前回のインビテーションの有効期限が切れたくらいの時期になるからか。

一般に公表している条件にはほとんど該当しないんだけど、JCB保有暦が長くて現在ゴールド保有でここ2,3年たまたま年間100万円を超えたってだけでインビテーションもらってるもんだから気が引ける。
それに旅行したりレストランで食事したりという優雅な生活をしている人にはメリットあるけれど、一般人なのでメリットがないもんなぁ。
チャーター機を使う予定もないし。(^^;

インビテーションこないのに自分からデスクに電話してなんとかThe CLASSをもらおうとしている人も結構いたりするようだけど、カード会社の認めるステータスより自分の生活に合ったカードを持ってる方がいいんじゃないのと思う。
銀杏
2006/9/7 (木)
銀杏と書いてギンナン、イチョウと読む。
それはいいとして。

市民農園を借りていて、今年の7月末で契約が切れるため最後は一つのものを大量に収穫しようということでじゃがいもを植えていた。
そして、思惑通り大量収穫したのが7月9日。
喜んであちらこちらに配ったりじゃがいも料理を堪能していた。

最近、なんだか一つの部屋がギンナンの臭いがする。
風があまり通らない部屋なのでカビかと思いながら数日。
あまりにも臭いが強くなってきたので鼻をくんくんさせながらたどり着いたのは隅においていたダンボール。

それはいつのまにか収穫熱も冷めてしまい、通気を良くするためにくしゃくしゃにした新聞紙を入れて保存(放置)していたじゃがいもを入れたダンボールだった。

恐る恐る上の新聞紙をめくると白い芽がでているものやなんだかわからないものがついているじゃがいもだった。
さわってみるとぶよぶよしている。
全滅。
もう少し根性あると思っていたよ、根菜系。

せっかく大収穫したのに結果としては大量のごみを作ってしまった。
さっさとふかしてマッシュポテトにして冷凍保存しておくんだった。
まぁ後悔してもしょうがない。
次に生かすにも畑はもうないし。

ただ、そのギンナンの臭いのするじゃがいもだったモノたちを処分するのが嫌で『見なかったこと』にしているんだけど、このままでいいんだろうか。(よくないってば)
変態とジェントルマン
2006/9/15 (金)
植草一秀がまた捕まった。
最初に逮捕されたときは冤罪だと本人が言っていたこともあってグレーだったけれども、2回も捕まったらただの変態の嘘つきだったと証明しているようなもんだねぇ。

男の成分の80%はスケベでできているので覗きたいとか触りたいという欲望はわかるし、それを変態だとは思わないけれども、捕まってあれだけ大騒ぎされて今まで築いてきたものを失ったのに同じことを繰り返すという、欲望をどうしても抑えられないというところが変態。

話変わってジェントルマンの身だしなみ。
ピシっとスーツを着こなしていても活動しているとシャツがだぶついてくる。
これをズボンの中に上から突っ込むだけだとすぐにまたずり上がってくる。
そこでトイレに行って用を足した後、開いたズボンのジッパーから手を突っ込んで中からシャツを引っ張る。
こうするとすっきりとシャツが伸びる。

ただ、これをやるときは人がいないことを確かめてからじゃないと変態が変態をしていると思われる。
なんたって、ジッパーの中に手を突っ込んでるんだから。
また、人の目がないところでうまくいったと思って気を抜くとジッパーを上げることを忘れてしまうので注意が必要だ。

もしもKaiがジッパー全開で歩いていてもそれは変態行為ではなく、ジェントルマンになるための努力の表れなのでよろしくお願いします。
Open House