Open House ログ

トップへ戻る→Open House
| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

福岡のBar
2006/12/4 (月)
Aqua-Vitae
あくあ びて
福岡市中央区大名2-1-12 メゾン天神102
092-715-0058
19:00〜5:00
休 なし
カード 可だが問題あり
こだわり系

オーナーが福岡のバーガイドブックであるFukuoka Bar Bookを作ったり、Webサイトを作ったりしている。
スピリッツ、特にラムにこだわっており多くの銘柄が揃う。

しかし、時間帯によって一人で店を任されている女性従業員が接客業の基本を知らない。
客の好きな銘柄を聞くなり『あーそれは飲まない方がいいですね』とけなす、自分の知らない銘柄だと『それは正規に輸入できるものではなく個人で持ち込んだんじゃないですか』という。
ことごとく、上から教えるような物言い。

スピリッツアドバイザーの資格を持つオーナーとは一言も話せなかったが、接客を何たるかを教えずに他人に店を任すオーナーには失望。
知識やこだわりがあっても、サービスの基本ができなければサービス業にならない。

内装と雰囲気は大名らしいといえば大名らしいカジュアルな感じ。
トイレにも大学生御用達の安いチェーン系居酒屋で見るような張り紙がしてある。

クレジットカードで支払うと6%の手数料を上乗せする(カード会社との加盟店契約違反)。
二度と行くことはないだろう。
2006/12/8 (金)
スーパーに行って1000円未満で会計するのがなんとなく気が引けて、いつも目当てのものを買った後うろうろしている。
結局、飴やガムのコーナーの前に立っていることが多い。
飴もガムも別に好きではないけれど、消去法でいくとここになる。
お買い得の手羽元や大山さんの作った長ネギを買うほど本気で買い物をするつもりで来たわけではないのだ。

で、飴を買っていくつかは舐めるんだけれどすぐに飽きて、そのうちその飴のことを忘れている。
あるとき、ふと戸棚の奥にある煎餅なんかが入っていた缶をあけてみて山盛り一杯の飴と遭遇し『うにゃあ!』と驚くことがある。

ここまで多くなると、もうどうしようもない。
芸人ならば舞台から客にばら撒くこともできるが、あいにく芸人ではない。
全部溶かして飴細工を作ってみようにも、作った後どうするんだという話である。
捨てるとなると黒柳徹子がアグネス・チャンを伴ってカンボジアの子供は食べるものがなくてうんぬんと説教を始めそうなので捨てられない。
あんな二人に家に来られたらうるさくてたまらない。

だいたい、飴ってもんは一袋に入っている量が多すぎるのだ。
それに、手ごろな値段。
これでは、つい買ってしまって処分に困ることが目に見えているではないか。
それをわかった上で製菓会社は作っているのだろう。

資本主義はおそろしい。
(このオチの一文で賢そうに見えるね。←見えません)
リコー Caplio GX8
2006/12/16 (土)
GX8の液晶が割れてしまった。
ぐぅ。orz

修理代、いくらかかるんやろ。
修理から上がってきたらカメラケース買おう。
iPod をフォトストレージとして使う
2006/12/19 (火)
デジカメのフォトストレージが欲しいなぁと思っていたところ、iPodがフォトストレージとしても使えるというサイトがヒット。
検索してみると Apple iPod Camera Connector [M9861G/A] という奴を使えばいいらしい。

もうちょっと検索してみると Belkin の Media Reader for iPod w/ Dock Connector というのがカメラ自体ではなくメディアを繋げるということがわかった。
デジカメ自体をつなぐとデジカメのバッテリーも食うし、なんてすばらしい商品!と思っていると、こっちは生産終了らしい。
なんでー、絶対こっちの方がいいのに。

まぁ、そんな理屈をつけてまずはApple iPod 30GB ブラック MA446J/AをAppleのサイトで注文。
あとケースとして Agent 18 Click Shield 30GB Video を注文。

でもまぁ、肝心のデジカメが液晶割れしてしまったので意味ないんだけど。
Open House