Open House ログ

トップへ戻る→Open House
| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

出来心
2007/2/2 (金)
先日、iPodに写真を入れているという話をした。
デジカメ(GX8)で撮ったものをPCに入れ、CD-Rにバックアップをし、ピックアップしたものをiPodに入れている。
元画像は入れていない。

最近はGX8ばかりだが、以前は銀塩で撮っていた。
そのころ(といっても最後の方だけだが)の写真はカメラ屋でCDに焼いてもらっていたので、その分もPCにコピーし、それもデジタルで撮ったものと同じようにピックアップしてiPodに入れた。

だが、iPodで見ると後から追加した銀塩分が先に入れていた写真の後に表示されてしまう。
時代的には前なのに後に表示されるのは気持ちが悪い。
ファイル名も時系列にしているのでそのとおりに並んで欲しい。

読み込んだ順に表示するのなら、いったん全部を削除して並べ替えた後にもう一度すべてを読み込ませればいいはず。
まぁ、PC上で削除するのも面倒なので、接続を解除し、現在同期させているフォルダをリネーム、新しい空のフォルダに同期させていた名前を付けて再接続。
同期させる写真が0枚となったので、空フォルダを削除し元のフォルダをリネームして元の同期させている名前に戻して再読み込みして接続解除。

あれ、並び順が変更前と一緒。
何度か少しずつ手順を変えてやってみたものの、同期させる写真は0枚となっているのにディスクの容量表示を見ると写真として元のまま容量を食っていたり、iPodから見られたり。

煮詰まってきたので、PC側の同期させているフォルダにあるキャッシュを削除。
それでも変わらず。
ついにはiPodのphotoフォルダも削除したけれど変わらず。

そんなことをずっとやってたんです。眠かったんです。疲れてたんです。
だからつい、手がでて、気がついたら、気がついたらiTunesの復元ボタンを押していたんです。
あ゛!!!!と思って『接続を解除しないでください』を無視してUSBケーブルを引っこ抜くも、iPodの画面には接続を促すようなアイコンがでっかく表示されるだけ。
仕方なく接続するとむなしく工場出荷の状態に戻り、iTunesとの同期が始まった。

まあ、このときはショックといっても、また寝る時間が遅くなるなぁ、という程度のショックだった。
iTunesから音楽なんかは転送してるだけだから消えることないし、写真も元のファイルはPCにあるわけだし、パスワードなんかの重要ファイルはPCにあるもののコピーを入れていただけだし何も問題はな、い・・・・、ん?
でも、あれ?
iPodのメモに入れていた、小ネタ、ちょっとした覚え書、レシピ・・・・・・。
バックアップとってないじゃん・・・・・・・。orz

この小ネタたちは、もともとはスケジュール管理のScheduleWatcherのノートに入れていたんだけどiPodに入れてから安心して削除したんだよねぇ。

頭に残っているものは書き直し、ネットで拾って集めた情報は再検索し、7割くらいはなんとか戻ったけれどその時々で思いついた酒の肴をまとめていたリストがなくなったのは痛い。

がっくししながら、写真の並べ替えについてググってみるものの該当するようなものがヒットしない。
ただ、PC側で削除したのにiPodで削除されていないとかいうのはどうやら同期のタイミングというか接続のタイミングが考えていたのと違っていたようだ。
同期ボタンを押しても、それは次回の接続のときに同期されるみたい。(いいかげんなあやふやな情報)
ということは、考え方としてはリネーム作戦で並べ替えもうまくいきそうだなぁ。
ちょっとしばらくやる気がしないけど。

現在、PCには『iPodバックアップ』というフォルダがあり、iPodのnoteフォルダのコピーが入ってる。

そんなことで2,3日落ち込んでいたんだけれど、今日というかさっきScheduleWatcherに新しく酒の肴を書き始めようと思い、ノートを作って名前を以前と同じ『あて』に変更しようとしたところ、その名前はすでに登録されている旨のエラー。

なんと、ScheduleWatcherで削除していたはずのいくつかの小ネタが表示されていないけれど内部的には残っていた。
おそらく、ソフトのバグ的なものと思われ、通常は削除すると表示も消えてファイル自体も消えるけれど、なぜか表示されないのにファイルが残っていた。
ためしにもう一度ノートを作成し、削除をするとキチンとファイルも消えてしまうので、たまたま何らかの事情でバグっていたんだと思う。

やっぱりなぁ、日ごろの行いがいいと、こういう通常ありえないことが起こるんだよねぇ。
もちろん、酒の肴リストも生きてましたよ、ええ。
(調子に乗っているので多分バチがあたると思ってる人が多数の模様)
吐きそうです
2007/2/8 (木)
車の中で何気なく聞いていたラジオ。
お悩み相談のようなコーナー。
相談者は教員だというおばさん。
でもなんだか相談しているという態度ではなく上からの物言いが鼻につく。

で、話の内容は自分は仕事が忙しく夫に家を任せていたら長男が引きこもりになってしまった。
その長男が家を占領している、そのマンションを売りたいがどうしたらいいかというもの。

自分の子供だからいつか立ち直ると信じている、長女は自分が育てたから立派に育っていい会社に入って結婚して幸せに暮らしている、夫はパチンコが好きで働かない、教師の仕事は大変だ、と繰り返す。

当然、相談員もマンションうんぬんよりそういう状況、その態度が気になり突っ込む。
が、相談者は逆切れ、教師の仕事がどんなに大変かわかってないくせに知ったかぶりをしている、あんたは偉そうだ、そんな回答ははじめて聞いたと狂い出す。
ラジオ番組なのに突然、ツーツー・・・、と電話の切れた音。
番組側が切ったようだ。

で、そのやり取りを聞いてたKaiはそれ以後、吐きそうになるくらい相談者の考え方、態度に対して腹が立っているんですけど、どうしたらいいんでしょう。
こんなところにも政治の力が
2007/2/13 (火)
2人以上子供を持つのが健全だという厚生労働相の許可が必要なトクホ。

1日コップ1杯を目安に飲めというトクホの930g入りの野菜ジュースを買った。
5回分のメモリがついている。
注意書きとしては、たくさん飲んだからといって健康にはならないから1日の摂取量を守れと書いてある。

なるほど。
でもね、開封後は賞味期限にかかわらず3,4日で飲めって書いてあるんだよね。

家族がいる人じゃないと買えないね。
福岡のBar
2007/2/16 (金)
DINING & BAR SORA
だいにんぐ あんど ばー そら

福岡市中央区天神1-16-1 博多東急イン 13F
17:00〜24:00
休 なし
カード 可
ホテル系

目の前に夜景が広がる。
雰囲気重視で食事もしたい人には最適。
席は多いがスタッフが少ないので客が多いときは多少待たされることがあり、連れがいるときか独りで誰にも邪魔されずに飲みたいとき向きかもしれない。
居酒屋代わりに使って大騒ぎしている宿泊客と遭遇することがある。
スターバックス
2007/2/20 (火)
スターバックスはね、まぁまぁ利用するんですよ。
あぁ、スタバっていうんでしょ、知ってますよ、スタバね。
ほんとに利用してますってば。
スタバカード買ってクレジットカードでチャージしてるしタンブラーも3つ持ってるし。
だからね、田舎者とかおっさんとかじゃなくてね、アーバンライフをエンジョイしているヤンエグなんですよ。(死語炸裂)

ただね、いつもテイクアウトするもんでね、店内でエスプレッソ飲んだ後カップをそのままにしておいていいのか、ファストフード店のようにカウンターなり出入口付近のワゴンなりに持っていかなきゃいけないのかわかんなくてね。
ほら、エスプレッソなんてキュッと飲んだら終わりじゃないですか。
なのにね、わかんないからね、周りの様子を伺ってたんですよ。
でもね、外向きのカウンターに座っちゃったもんだから振り返らないと様子が伺えないんですよ。

で、帰る客がいても使い捨て容器のドリンクでね。
あれの飲み残しとかを区別して捨てる場所があるのは分かってるんですよ。
ここもね、出入り口付近にワゴンあるしね。
でもそこにカップも置いていいものかどうかがね、問題なんでね。

結局ね、飲み終わって10分くらいキョロキョロ振り返る挙動不審な奴になったにも関わらずわかんなくてね、考えたんですよ。

<置いたままでいい場合に、カウンターに持っていく>
→持ってこなくていいよ、この田舎者。でも、まぁ悪い人じゃないよな、と思われる。

<自分で持っていくべきなのにそのまま置いて出て行く>
→てめぇ、ほったらかしにすんじゃねぇよ、知らねぇんなら来んな、ボケ、と思われる。

ということで、人目につかないようにカップを隠すようにしながら出口付近のワゴンにこっそり置いてきた。


もう、スターバックスではテイクアウトしかしません。
Open House