Open House ログ

トップへ戻る→Open House
| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

インドカレー
2007/12/5 (水)
インドカレー作りに凝っている。
いつも行くインド料理屋で作り方を聞き、そこで使っているというスパイスを買って言われたとおりに作ったが、どうも味が違う。
おそらく、相手がカタコトの日本語だったことが原因だろう。
『マグリンアルデショウ』が『マーガリンあるでしょう』だと理解するのにも3往復くらいやり取りしたことからもそれが原因であることは間違いないだろう。

もちろん、ネットでも色々とインドカレーの作り方のサイトを見たが、なぜ自分で作ったものと店で食べるものの味が根本的なところで違うのかが分からなかった。
ところが、先日再チャレンジしたところ少し店の味に近づいた。
今までは缶詰のカットトマトを使って作っていたが今回は生の完熟トマトを使った。
缶詰だとジュース部分をどう判断して使うかが曖昧だが、生だとはっきりしている。

味をしめてその後もう一度生のトマトで作った。
しかし、今回はまた味が違う。
前回は鶏の骨付きモモ肉だったが、今回はサトイモと大根だったのでコクがまったくない。
これはこれでいいとは思うんだけれど、店では野菜カレーでもコクがある。
そこらへんが研究課題だと思い、いつもの店へ。
今日はかなりスープっぽいさらさらカレーだ。
さらさらなのに味にコクがある秘密を探るにはちょうどいい。
それでは店に入るまで聞いていたiPodをはずして、と。

店から出て、やっぱりわからんなぁと思いながら、ふと自分の胸元を見るとネクタイからシャツにかけてカレーがべっとり。
さらにiPodのイヤホンの耳に入れる部分がスプーンのようにカレーをすくっていたのを知らずにそのままイヤホンを耳に入れた。
そのうちカレー作りの技術が身につくだろうと思っていたが、技術よりもカレーそのものが身についた。


・・・・・これ、話としてオチついてる?(不安)
Open House