Open House ログ

トップへ戻る→Open House
| 過去ログ インデックス | 前月 | 翌月 |

更新情報
2009/1/8 (木)
文房具、ステーショナリーネタ用の文房具、ステーショナリーを更新。
レイアウト
2009/1/9 (金)
トップページをいじってみた。
久しぶりにhtmlとかcssとかperlとかに触れたなぁ。
朝の君へ
2009/1/13 (火)
朝の通勤時間というのはたいてい同じ人が同じ時間に同じ道を通っているものだ。
なので、この人とここですれ違うということは少し急がないといけないな、とか、いつもここら辺で追い抜けるのに今日はなかなか追いつかないな、とか思いながら自転車で通勤している。
2ヶ月ほど前から、家を出て最初の信号までの間に追い抜く女の人がいる。
20代半ばの痩せ型で着ているものからして上品そうな感じだ。
その人がどうも気になる。
いや、気になるといっても恋心とかではない。

ここ3日くらい曇り空で、天気予報も30%程度の降水確率だったのだが、その女は毎日透明のビニール傘を持っている。
突然の雨にあわててビニール傘を買うとか、仕事中に使うための置き傘だとかなら分かるが、今降っているわけでもないのに洒落た服を着ている若い女がわざわざビニール傘を持っていくというのがわからない。
こういう場合、通常は折り畳み傘を持っていくのではないか。
絶対降ると確信しているならば、ビニール傘ではなく普通の傘を持っていくはずだ。

いや、まぁ、どうしても頻繁に傘を無くしてしまうのでビニール傘しか買わなくなったとか、おばあちゃんの遺言だとか宗教的理由とか、いろいろ事情があるかもしれないのでそこまではいい。

本当に気になっているのは、その持ち運び方。
ずーっと傘を引きずりながら歩いているのだ。
確かに、長い傘は持ち歩くのが面倒だ。
柄の部分を持つと肘を曲げて持たないと下に着く。
かといって傘の真ん中部分を持つと手首が疲れて気がつくと地面と水平に傘を持って回りに迷惑をかける。
いや、わかるけど、わかるんだけど、だからといって引きずるのはダメじゃん。

あ、そうか、普通の傘がそうやってすぐ痛むからビニール傘にしているのか。
うーん、考えてるのは分かるけど解決方法が間違ってるような気がするよ、それ。
朝青龍
2009/1/28 (水)
知性に対しては耳を貸さず、力が強いものには何もいえないという相撲協会の情けなさ。
そして、手のひらを返したように強い強いとおだてあげるマスコミ。

品格が問われていたはずなのに、あれが品格ある態度なのか。
土俵を割った後も執拗に相手を叩きのめそうとするのは強いことなのか。
敵意をあらわにすることが気迫なのか。
これが日本人が古来より大切にしてきた精神なのか。

単に、デブ同士が強さだけを競うショーと野次馬じゃないか。
何が国技だ、心技体だ、報道だ。
更新情報
2009/1/29 (木)


Open House