野菜作り日誌


2005/10/1

17日に蒔いた種はすべて発芽。
いい調子。

オクラ、スピノザ、唐辛子を引き抜いて、苦土石灰を混ぜて耕す。
スピノザはたくさん収穫できて楽しめたし、オクラもよく収穫できた。

チンゲン菜とホウレン草の種を蒔く。

さつまいもを一番端っこを少し掘ってみると、なかなかでかそうなのができていた。
秋冬用の種を蒔く時期がそろそろ終わりくらいなので来週にでも芋掘りしようか。

今年は暑くなるのが遅くて、雨が降らない、いつまでも暑いというへんな気候なのでなかなかうまく種まきの時期や収穫時期がわからない。

2005/10/8

さつまいも収穫。
じゃがいものときは、『んー、こんだけ?』っていう収穫量だったけれども今回は期待していなかったからか、『おお、すごい』という感想。
でかいのは1歳児の顔くらいの大きさ。重さは全部で7.6kg。
10本のツルを埋めたけれども、6、7本しか生きてなかったような・・・・。
でも、これだけ収穫できるとうれしいな。

で、帰ってから茎から葉っぱのついている部分を取って半分はキンピラ、あとの半分は佃煮に。
スジを取るのかどうか色々調べて見たけれど、取ると書いてあるのもあるし取らないと書いてあるのもある。
で、5〜7cm位の長さで手でポキンと折って取れる部分だけスジ取りを。
結果は、多少口の中でスジが主張するけれどもキンピラや佃煮にするなら気にならないくらい。

大根の種を蒔いていたけれどもまだ蒔きたかったので今日中に蒔きたい。
でも、堆肥なんかの栄養分に根が当たると割れ大根になるのでどうしようかと思っていたところバーク堆肥ならばその日に大根の種を蒔いても大丈夫と教えてもらったのでバーク堆肥を買う。

カツオ菜の苗2株168円、芽キャベツの苗1株59円、バーク堆肥40L714円を購入。
同じ市民農園のおじさんから立性のブロッコリー2株、高菜2株を貰った。
うれしいんだけど、オルトランで消毒してあるんだよなぁ。
うちは無農薬、無化学肥料でやってんだけど。

人参もダメ元で種を蒔く。
水菜がとても元気。発芽率も良かった。
大きくなるので多分30cmくらいに1株でいいんだと思うけどけっこう混み混み。
ちょっと間引いたけども、5cmに1株くらいの間隔でまだ残ってる。
ホウレン草も追加で種を蒔いた。

2005/10/15

前回、苗を植えたカツオ菜、高菜は葉が枯れているけれども中心から新芽が出ているので大丈夫そう。
立性ブロッコリー、メキャベツもちゃんと根付いている。
植え替えた水菜も根はついている。
前回種を蒔いた大根、ホウレン草、ターサイ、カブは発芽。 人参はまだ。

カモミール、コリアンダーの種を適当にばら撒く。
ひまわりとシソを植えていた場所に苦土石灰を混ぜて耕す。
ここにスナップエンドウを植える予定。
自宅のベランダでスナップエンドウの種をジフィーポットに蒔く。

牛糞堆肥2袋、ポリポット、ベランダ用の培養土1袋を購入。

2005/10/29

10/15に蒔いた人参も発芽していた。
ターサイが写真どおりの形に成長している。
水菜も春菊も元気で間引く。
狭い畑(15平方メートル)なので収穫量を考えると欲が出てどうしても混みこみに植えてしまうし、間引くのもあまり思い切り間引けない。

カモミール、コリアンダーは発芽なし。

家のベランダでジフィーポットに種を植えて芽を出させていたスナップエンドウを畑に植える。

これで植えるものは大体終わり。
あとは管理と収穫。
薬を撒いていないのでアオムシを見つけて捕獲することが必要。
ブロッコリーが特に食われる。
でも、冬は手入れが楽だね。

ホウレン草は家のベランダで育てたほうが虫が来ないかもしれない。
6階だからアオムシの親の蝶も飛んでこないから。
日があまり当たらないけれど、なんとかいけるんじゃないかなぁ。


2005年9月 ← | 2005年10月 | → 2005年11月