Open House

ジェットストリーム高級化

Clip to Evernote Tweet @kaiswebをフォロー

OHTO(オート)のリバティ本体にJETSTREAM(ジェットストリーム)のリフィールを入れて高級化

一般の人は知らないかもしれないが、事務職の人なら、ガチャックでおなじみ、というOHTO(オート)というメーカー。
そのほか4Cタイプのリフィールで油性のニードルポイントを出したり、なかなかニッチなところを攻めているメーカーだ。

そのオートの筆記具でLIBERTY(リバティ)というシリーズがある。
これは本体735円、芯315円で自分の好きなように組み合わせて使うことができるというシリーズ。
本体は44種類、芯は45種類、最大1980通りということ。
参考: http://www.ohto.co.jp/html/whats_liberty.html

本体は、値段にしては高級感があり1000円以下とは思えない。
リフィールも油性、水性、ゲル、筆(!)と選び放題。

さらに、リフィールが300系なのでパイロットのフリクションボール、uniのジェットストリーム、ゼブラのサラサのリフィールなどが使える。

ジェットストリームは書き味がよく、マニアだけでなく一般の人からも大人気ではあるけれど、どうも本体が安っぽい。
少し高級感のあるバージョンもあるけれども、やっぱりそれでも安っぽい。
学生ならいいけれど、おっさんが持つには恥ずかしい。
そこで、リバティの高級感のある本体にジェットストリームのリフィールを入れることで解決。

フリクションボールはビズシリーズがあって、こちらはまぁまぁ使えるかなと思う見た目だし、そもそも後ろについている消しゴムがないと意味がないのでビズシリーズを使っていた。
それが、単体のケシゴム(イレーザー)を発売するようになったので、心置きなくリバティにフリクションのリフィールを入れることができるようになった。

しかしながら、残念なことにオートの商品を置いている店が少ない。
このリバティシリーズがセットでどーんと置けるようなボックスも販促しているようだけれども、そのような形態で置いている店はさらに少ない。
こんなにいいシリーズなので、もう少し人気が出てある程度の大きさの文具コーナーで気軽に買えるようになることを望む。

現状、近くの店舗を回ってもリバティシリーズを探せない人は、オートのWebサイトからリンクを張っている文具事務用品.COMというサイトから買うのがいいかもしれない。

初版:2012/7/4
最終更新:2012/7/4